【死者の日-Día de Muertos-


その日は偶然にも満月だった。

メキシコには日本のお盆のような風習があり、

毎年111日から2日にかけ

死者の親族は墓地で一晩を過ごす。

お墓は花や菓子で飾られ、

ろうそくを灯しながら死者を偲ぶ。

ろうそくの灯りは、絶やすことなく煌煌と輝き

死者のための道しるべのようだ。

先祖が祭壇まで帰ってくることができるよう、

マリーゴールドの花は

道標の役割を果たすと信じられているため、

町に橙色の花が溢れかえっていた。

墓地全体が見える場所で腰を下ろし眺め、

満月が全体を照らしろうそくの灯りと交わり、

魂たちは時を過ごしていた。


写真・上記文:ペンギン文庫



Botanicalitem&café CYAN

ペンギン文庫×Magenta×Botanicalitem&café CYAN 企画展

Día de Muertos vol.5

2020.10.15(fri)→11.3(wed)

Close=Thursday


111日は「死者の日」。

死者を迎え、死者を称え、死者を送る日。

メキシコの街中には華やかで少し恐ろしげな祭壇「オフレンダ」が並び、美しい花々が溢れます。

死は恐怖すべきものでは無く、楽しく迎え容れるものという考え方からそのような伝統がつくられてきたそうです。

年に一度、偉大な先祖を、大事な誰かを、そして自分自身の 生と死を見つめる日。


沢山の反響を頂いているペンギン文庫さんとの

コラボレーション企画【Día de Muertos】。

あの空間が今年もCYANに還ってきます。

期間中、ペンギン文庫さんの本棚をCYANに設置。

企画に合わせてチョイスされた沢山の本の中から、自分の為の一冊を、または誰かに贈りたい一冊を、是非探しにいらして下さい。


そして店内には、ペンギン文庫さんと花屋MagentaCYANで壮大なオフレンダ(祭壇)をつくりあげます。

現地で実際に沢山のオフレンダや、死者の日を祝い、祈る人々に触れ、写真に収めてきたペンギン文庫さんと共に、CYANでしかつくれない 祈りの場を表現したいと思います。


どうぞご期待下さい。




【Information】

新型コロナウイルス感染拡大防止対策として、以下の通り、店内の使用について制限を設けさせて頂いております。

お客様にはご不便をお掛けする部分も多々あるかと思われますが、

お客様同士が安心して寛げる環境作りへのご協力を賜れます様、ご理解下さいませ。

何卒宜しくお願い申し上げます。


OPEN ・・・ 11:00〜20:00(l.o. 19:00)

CLOSE ・・・Thursday


《店内使用条件》


◆1組最大2名様のまでご入店可

(分かれて座る等でも3名以上は不可と致します。これは多人数での会話の盛り上がりでの飛沫拡大を防ぐ目的です)

◆全席1時間半までの時間制

◆入店制限有(過密状態回避の為)

◆ご飲食時以外はマスク着用のご協力をお願い申し上げます。マスクをお持ちでないお客様には有料にて不織布のマスクをご用意しております。

また、ご飲食中のマスクを外しての会話は、最低限にとどめて頂けます様ご配慮下さい。

◆入店時に検温を実施しております。(非接触式・額)

37度以上のお客様はご利用頂けません。

◆ 入口に消毒用液を設置しております。

ご入店の際は必ずご利用下さいますようお願い申し上げます。

◆接触機会削減の為、会計はグループ毎とさせて頂きます。

◆家庭ゴミ(使用済みポケットティッシュやペットボトル等)のお持込は固くお断り致します。


《To Go(お持ち帰り)》もご用意致します。

オーダー頂きましてからお作り致しますので、予めご予約頂けますとスムーズにお渡し出来ます。

◆お持ち帰り価格を設定しております。詳細は店頭メニューにてご確認下さい。

◆お持ち帰り品のご予約も承ります。

商品受け取り希望の2時間前迄にお電話にてご注文下さい。


※店内は定期的に換気・殺菌消毒を行なっております。 

※最小限のスタッフで運営致します為、席までのご案内・ご提供までお待ち頂く場合もあります。

※お席につきましては事前にお電話にてご予約も承りますのでお問い合わせ下さい。(電話番号はプロフィールに記載しております)


1日も早く、いつもの日常が戻ります様に。

皆様どうぞ、ご自愛下さい。


Botanicalitem&café CYAN (シアン)


Botanicalitem&café  CYAN

旅先で立ち寄るCaféのような

非日常の一コマであり

いつでも安心して微睡めるHomeでもある

そんな“居場所”でありたいと願って


コンセプトは”好奇心の部屋”

個性的な観葉植物や

不可思議なディスプレイ

どこか懐しいブロカントに囲まれて

日常を忘れ 旅に出た気持ちで

この空間を楽しんでください

明日 あなたの世界は

ちょっとだけいつもと違って

見えるかもしれません


《Please be careful》
当店内には猫が2匹おります。猫カフェではありませんので、猫を触る目的でのご来店はご遠慮下さい。
また、猫アレルギーをお持ちのお客様、猫が苦手なお客様はご利用をご遠慮下さい。
猫が嫌がる行為や安寧を妨げる行為をされるお客様にはご退店頂きます。
ご理解とご協力を賜ります様、何卒宜しくお願い申し上げます。